Job offer

トピックス

欧米式のデザイン

兼六ホームとは東京都武蔵野市に本社を置く分譲住宅、分譲マンション及び注文住宅を販売する会社で2005年に設立されました。 分譲住宅もこれまで首都圏では500以上扱ってきており、美しい街づくりに貢献して来ております。

詳細を確認する

建築会社を選ぶ

狭小地とは読んで字の通り狭く小さい土地のことです。正確な定義はないですが20坪弱の土地を一般的に狭小地と呼びます。分譲地などで通常住宅を建築する土地はほぼ正方形である場合が多いのです。

詳細を確認する

高齢でも住みやすい

注文住宅は、自分の好きなように家を造ることができるので、とても人気があります。
最近の大阪や和歌山等の施工会社の中には、健康で安心して過ごせる家ということをメインに考えて施工を行っている会社も多いです。
特に、ある程度の年齢になると、家のちょっとした段差や、室温の違い等によって体調を崩すことやケガをしてしまうということがあります。
ある程度高齢になった人も、過ごしやすいように、バリアフリーを行うことや、室内の温度を一定にするような家造り等、様々なことを行なっています。
どのような家にすると、高齢になっても住みやすくなるか、様々な経験等から提案を行なっていきます。
このような施工を行なっている会社は、注文住宅以外にも、リフォームの経験が豊かな業者が多く、和歌山や大阪というような地域以外にもコンセプトを打ち立てて行なっている会社が多いです。

注文住宅を造る上で、欠かせないものが耐震構造です。
耐震に対する技術は年々進化してきています。
最新の工法や作りが頑丈な家を造るには、施工会社がどのような耐震技術を持っているのか知ることが大切です。
また、地震だけでなく台風にも強い家ということが大切です。
どのような仕組みで耐震を行うのか、事前に様々なことをチェックして、納得して施工してもらうということが大切です。
和歌山の会社には、最新の耐震技術や工法を行なっている業者も多数あります。
自然災害に強い家を作りたいと考える場合は、事前に確認を行うことが大切です。

トピックス

狭い土地に造る

狭小地は環境的に優れていることが多く、上手に利用することで利用価値がとても高くなります。狭小地に家をたてるという場合は、それなりに特化した建築家に依頼して住みやすいスペースを設計してもらうことが大切です。

詳細を確認する